お米の研ぎ方


STEP1 お米をきちんと量ろう!
美味しいお米を炊くためには水加減と分量が大切です。毎回分量が違うと米の炊き上がりにも毎回差が出てきてしまいます。
1合180mlの計量カップにお米をすくって入れ、カップに隙間がないようにゆするなどして摺り切り一杯を入れます。



STEP2 お米を研ぐときに注意!
お米の研ぎ始めは一番水を吸収しやすいと言われています。なので、一番最初の水は出来ればミネラルウォーター(軟水)や浄水器の水などがベスト!
最初に水を加えたら1回目はゴシゴシ洗わずに軽くかき混ぜてすぐに水を捨てましょう。



STEP3 お米を研ぐ!
水気を切った状態で、お米を研ぎ始めます。指5本を使って優しくお米をかき回す感じで研ぎます。力を入れすぎるとお米が割れたりするので注意しましょう。いまは精米技術が進歩しているのでゴシゴシとお米を摺り合わせする必要はありません。
研いだ後に水を入れて白く濁った研ぎ汁を捨てます。この工程を2〜3回ほど繰り返していくと、水の濁り具合はうっすら米が透けて見えるくらいになります。そうすると研ぎは完了です。それでもまだ白く濁っている場合は追加で1〜2回繰り返しましょう。
      ※水が透明になるまで洗うとお米の栄養なども水に溶けてしまうので洗いすぎにも注意!

 


STEP4 美味しさの決め手!水加減!
炊飯器の場合、基本的には目盛り通りで大丈夫です。ただ季節や好みによっては「夏は少なめ・冬は多め」となったり、新米は元々水分が多いので少な目になったり、玄米や無洗米は多めの水で炊くようになります。
土鍋の場合は、お米を量った計量カップを使うと簡単です。お米1合に対して計量カップ1杯分つまりお米と同量の水を足せばいいのです。



STEP5 ついつい省いてしまう吸水時間!
忙しくしているとついつい省いてしまう吸水作業。だけど美味しいお米を炊くためには春:約40〜50分 夏:約30分 秋:40〜50分 冬:約1時間 が目安となっています。
浸水時間が短めだと炊き上がりのご飯の粘りと柔らかさが弱く、長めだと粘りと柔らかさは強めに出るようです。この浸水させていた水で炊くことになりますので、水道水よりもミネラルウォーターや浄水器の水をお勧めします。




STEP6 お米を炊く!
炊飯器や土鍋など炊く方法は色々とあります。最近の炊飯器は高性能でふっくらと美味しく仕上がりますよね。炊いたあとはもう大丈夫だろうと思いきや、最後にもうひと手間を加えたらさらに美味しくなりますよ。それは蒸らしです。炊き上がり後はすぐに蓋を開けずに10〜15分ほど蒸らします。その後、ご飯全体をざっくりかき混ぜます。
一粒一粒の間に空気が入ることによってよりふっくらと仕上がります。


 
お支払いと送料
お米のあれこれ
お米のあれこれ

お米の保存方法

お米の研ぎ方

お米の炊き方

お米の虫対策